スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福島~山梨つながるネット」2014/2/7締めの会計報告

2014年2月7日締めの会計報告をさせていただきます。

◎H24年度繰り越し金 845,313円

《収入》

個人の方々のお名前はお断りしていませんので、公表を控えさせていただき、団体名のみ公表させていただきます。

4/04 「フタバから遠く離れて」上映会カンパ  17,937円
4/22 フィリア美術館 募金箱            7,566円
6/10 第9回はじめのいっぼパレード カンパ    20,161円
6/10 灯鳥 募金箱               17,000円
7/03 Keba                   45,100円
9/02 クリフトカザコフピアノコンサート、カンパ 31,785円
11/18 おらんうーたんカンパ         99,132円
11/21 ねこんて 募金箱           2,078円
26 1/20 Keba                 47,500円
2/05 ペンション風路 募金箱         18,500円
個人募金の合計                37,000円
その他(利子)               206円
◎収入合計 343,965円


《支出》

*一時避難支援として 
 保養相談会経費@福島 24,740円
         @いわき・二本松(6/8~9) 27,710円
         @相馬・栃木(6/22~23)  22,527円
 
  わんぱくキャンプin白州(7/25~29)経費    319,380円[内318,960円は日産プレジデント基金より]
  わんぱく冬あそび(1/04~07)経費       669,433円[内540,000円は日産プレジデント基金より]
  子供用ゼッケン20枚   23,310円
  別荘利用関連費用    10,880円
*物資送料
  2,880円
*その他
  八ヶ岳・星のプロジェクト経費      88,221円 
 
◎支出合計 330,121円

残高は、859,157円です。

皆様、たくさんの温かい募金をありがとうございます。引き続き宜しくお願い致します。

『わんぱく冬あそび in 北杜』報告‏ ★終了しました

<わんぱく冬あそび in 北杜2014>
日程:2014年1月4日(土)~7日(火)3泊4日
参加者:福島県、埼玉県より、親子19名-大人6名、子供13名(小学生4名、乳幼児9名)
費用:補助金(日産プレジデント基金)、つながる基金+参加費(大人10,000円、小学生以下無料)
4日 (土) 家族ごとに小淵沢駅着、ペンションでのウェルカムパーティー
5日(日 「べるが」にてほうとう作り、北杜市民との交流会、竹馬、凧作り、温泉
6日 (月) 清泉寮にて雪遊び、オハナでのランチ、徳永さん宅での凧揚げ、飲み会
7日(火)道の駅こぶちざわでお買いもの、小淵沢駅にて各自解散、帰宅

たくさんの方々のご協力を得て、無事終了しました。
ありがとうございました。
             
4月3日のひろば(つながるネット)では、2013年夏のわんぱくキャンプに引き続き、冬にも放射線汚染地域に住む親子を対象とした保養プログラムを開催しました。
 今回はペンションでの宿泊となり(小淵沢のペンションフィルード)、プライベートを保ち、ペンションでのおいしいごはんを食べ、身も心もリラクッスしながら冬ならではの遊びを満喫してもらおうという3泊4日のプログラムです。

1日目:参加者が小淵沢に到着した日は、澄み切った冬晴れでした。ペンションでのウェルカムパーティーでは少し緊張しながら、スタッフも含めてみんなで自己紹介。そのあとにこども達と、近所を散歩。「走っちゃだめだよ」という言葉に耳も貸さずに夢中で走って行くこども達と、夕暮れの田んぼ道。甲斐駒ヶ岳がとてもマッチしていて素敵な一瞬でした。お母さん方、子ども達共々すぐにうち溶けられた様子で、どの子どもがどのお母さんの子か、どの子が兄弟同士なのかも分からなくなる程に仲の良い感じでした。
2日目:この日は、地元の方々のご協力も得て、参加者みんなでおいしいほうとうを作って食べました。その後子ども達と竹を切って竹馬を作ったり、新聞紙で簡単なタコを作って上げたりとお正月らしい遊びもできて、みんなで大はしゃぎでした。一品持ち寄りの交流会では、腕をふるった料理を持ち寄って参加者全員でおいしくいただきました。また、市内に避難移住してきた人達も加わり、情報交換などもすることができました。
3日目:冬ならではの遊び「雪遊び」も清里まで行き、そり遊びを思い切り楽しみました。そのあとのオハナでのランチも参加者大絶賛。おいしくいただきました。徳永さん宅での凧揚げは大人まで大興奮するぐらい楽しかったです。夜は夕食後にスタッフも参加してのトークタイム。スタッフとお母さん方で遅くまで語り合いました。
4日目:最終日はペンションを出発後、道の駅こぶちざわでのお買い物、みなさん北杜市の野菜やお土産などを買っていました。そして、小淵沢駅に参加者を送りお別れ。また遊びにきてね。
最後に、この保養プログラムの主旨に賛同してお米や野菜、食材を提供して下さった人、交流会に参加してくださった人、便宜を図っていただいたお店や団体・個人の方など、本当にたくさんの人の力をお借りでき、素晴らしい「わんぱく冬あそび」になりました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

<参加者の声より>
 
■のどかな山々の風景に心いやされました。ペンションが貸切ということでお母さん方とものんびりと色々なお話しをすることができ、とてもいい時間を過ごせました。
■今まで移住に関しては0だった気持ちが、実際に移住した方の気持ちや状況を聞けて10~20ぐらいにかわりました。自然がいっぱいでいい場所だなあとか、子育てするにはここで生活したら最高だろうなあと思いました。
■山梨の方、みなさん本当に温かい心をお持ちになっていて感謝、感激です。あまり緊張することもなく、自然体の私達でいることができました。今後も企画があれば参加させて頂きたいと思います。4日間ありがとうございました。
          
■家庭の事情で(移住は)無理なので、今後も保養があれば参加させてもらいたい。また「パパもOK」のようなので、主人も一緒に参加できれば良いなと思います。
■交通費や宿泊費の負担など、とてもありがたかったです。福島ではできない外遊びができたり、おいしいごはんを食べたりして、親子でふれあう時間ももてました。スタッフの方々にも親切にしていただきとても感謝しています。ありがとうございました。
■いつも皆さま(顔の見えない支えの方も含め)のお気持ちにいやしと元気を頂いています。
■プログラムを沢山用意して下さり盛り沢山な保養でびっくりしました。とても充実した日々で楽しい思い出ができました。関東の受け入れもありがたかったです。放射能の話もできて良かったです。心が軽くなりました。 
               
4月3日のひろば 『つながるネット』

201401tour_report1.png
201401tour_report2.png

『わんぱく冬あそび in 北杜』、無事終了しました‏ ★終了しました

詳細は後日報告させていただきます。まずはみなさま無事帰られましたことをご報告いたします。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。


IMGP5724.jpg IMGP5636.jpg
IMGP6032.jpg IMGP6016.jpg
IMGP6083.jpg IMGP6134.jpg
IMGP0649.jpg

1/5(日) 「わんぱく冬あそび in 北杜」交流会‏ ★終了しました

「わんぱく冬あそびin北杜」の一品持寄りの交流会をおこないます。
2014年1月5日(日)11:00~13:00
 [場所] 名水公園べるが 研修棟大会議室

なお、9時半から同じ研修棟の調理室で「ほうとうづくり」を地元のおばさま方と一緒にやります。

お子様大歓迎!!
子連れ参加もお待ちしています。

よろしくお願いします。

わんぱく冬あそび in 北杜(ほくと) (14.1.4~7)‏ ★終了しました

『わんぱく冬あそび in 北杜(ほくと)』

この冬は保養ツアーを計画しています。
今回はペンションでお泊りします。
お正月気分も残る中、冬の北杜で、凧あげなどの冬あそびをしませんか?


山梨県北杜市は八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳などの山々に囲まれながらも広い空と日本一の日照時間があり、冬は寒いですが、カラッと晴れて気持ちのよいところです。

申し込み開始は、現地相談会等を考慮して12月5日(木) となっています。
最新の情報はこのブログでチェックしてくださいね。

定員に達しましたので、以降はキャンセル待ちとさせていただきます。
なお、「親子でホームステイ in ほくと」は随時受け付けております。
よろしければ、こちらもご検討ください。(2014/12/06追記)


北杜市集合ですが、北杜市への交通手段についてはこちら↓を参考になさってください。
http://tsunagarunet43.blog.fc2.com/blog-entry-36.html


【日時】
 2014年1月4日(土)~7日(火) 3泊4日
【場所】
  山梨県北杜市
  * 南アルプスのふもと
  * 東京から特急または高速バスで約2時間
【申込期間】
 12月5日(木) ~ 20日(金)
【申込方法】
 メールまたは電話でお申込みください
  ・全員の氏名・ふりがな・生年月日(保険加入用)
  ・お子さんの学年・年齢・性別
  ・ご住所
  ・電話番号
  ・メールアドレス
  ・あらかじめ伝えておきたいこと(アレルギーなど)
 ■メール
  senao_a@yahoo.co.jp
 ■電話
  090-4009-6811(イナミ)
   *折り返しこちらから連絡します

【対象】
 現地最寄り駅まで来ていただける方(ペンション宿泊)
【定員】
 大人と子供合わせて20名くらい
【参加費】
 大人10,000円/高校生5,000円/中学生3,000円/
 小学生以下無料  *高校生・中学生のみの参加も可
【交通費】
 (高速・新幹線代等)1家族・1グループ上限30,000円補助
  *交通手段でお困りの方は相談に応じます

【主催】
 4月3日のひろば 『つながるネット』


==== PDFファイルはこちら ====
http://tsunagarunet43.web.fc2.com/tour/2014hokuto_winter_tour.pdf



2014冬北杜保養チラシ


北杜市の放射線量

■ 北杜市の線量はどれぐらいですか?
  - 市民が測定して公開してくださっている情報があります。

    * 甲府の「いのち・むすびば」さん【土壌汚染】市民発山梨版・放射能汚染マップ
      ※ こちらのマップでは56番が北杜市白州町で畑の土はNDとなっています。
      http://inochimusubiba.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

osen_map1.png

osen_map2.png


    * ほくと放射線測定誌 - 「4月3日のひろば」附設
      ※ 白州町で6/3は地表1mで0.1μSvでした。( 0.1mSv 2014/7/14修正しました)
      http://counting43.exblog.jp/

『親子でわんぱくキャンプ in 白州』、無事終了しました‏ ★終了しました

「4月3日のひろば(つながるネット)」では、今年の夏も放射能汚染地に住む親子を対象にした保養キャンプを実施しました。子供たちに川や野原で思いっきり夏休みを楽しんでもらおうと企画したキャンプは、その名も「わんぱくキャンプ」。
豊かな自然に囲まれた白州の五風十雨農場をお借りして、親子で共同生活をしながら、川遊びや虫取り、秘密基地づくり、かまどで炊いたご飯、たらいでの洗濯と、多少の不便はあっても、普段できないような体験をしてもらおう、という4泊5日のプログラムです。
心配されていたお天気も、中3日はすべて洗濯ものが乾くほどの晴れ、川遊びの日は2日とも夏の太陽が照りつける絶好の川日和、最終日のみ雨となりましたが、それはそれで落ち着いてしんみりとお別れができました。
子供たちは朝から晩まで農場中を駆け回り、かまどご飯と地元野菜のおいしさに何度もお代わりに並び、お母さんたちは毎夜のトークタイムでこれまた思いっきり心のうちをぶちまけて、そのパワーを全力で受けとめたスタッフ一同まさに燃え尽き寸前でした。とはいえ、初日に到着した参加者が口を揃えて「ほんとうにいいとこですねぇ」と感嘆した周りの景色と、余裕のあるスケジュールのおかげで、ゆったりと流れる農場での時間を、参加者もスタッフも共に楽しめた5日間ではなかったかと思います。
今回もまた、受け入れを快く引き受けてくださった五風十雨農場をはじめ、お米やパン、新鮮な野菜などの食材を提供してくれた方々、交流会においしい一品と
ともに参加してくれた方々、保養キャンプにご理解を頂いてさまざまな便宜を図っていただいた施設やお店など、たくさんの方々のおかげで、すばらしい保養キャンプとなりました。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

2013summer1.png

2013summer2.png

2013summer3.png

<参加者からの声より>
■生きていると感じられた。子供達がキラキラしていました。参加された方たち、スタッフの方たち、すべてがお互いをいたわり優しい言葉をかけあっていた。前を向いて歩いていけば何とかなるかも、と思えました。

■キャンプの良かった真の一位はスタッフはじめ、みなさんとのおしゃべり!!だったと思います。原発の話から、こどもの話、バカ話??まで。とてもリラックスできた4泊5日でした。子供たちも親の目からすこし離れて、一段と成長したように思います。是非次のキャンプも参加させてください。

■おいしい食事の提供をしていただいたり、周りのボランティアの方たちに大変お世話になりました。自然豊かな場所で、2日間、とても楽しく過ごすことができて、ありがたいと思いました。

■あたたかいチラシを見て申し込みをしました。プログラムも子供の目線で考えてくれていてのんびりゆったり白州を楽しむことができました。食事もとてもおいしくてリラックスすることができました。毎日おだやかに福島で生活できる日がくる事をいのって元気に楽しく明るく生活してがんばります。(来年の)夏は、保養とスタッフで参加してお手伝いできれば。。とても素敵な4泊5日ありがとうございました。

■初めての保養体験…。温かいスタッフの方々のご配慮で心穏やかに4泊5日過ごさせていただきました。すべてのプログラムにぬくもりがあり、感激でした。子供のペースに合わせてのタイムスケジュール。親への心配りといたれり尽くせりで申し訳ないくらいです。

■こちらでの生活すべてがとても意義深く、生きるとは本来こういうことだと思い出させてもらえました。人間らしく生きることを取り戻したツアーでした。

■移住はしたいですができない。それはこれからも変わらないと思います。

■保養に積極的に出ようと思いました。日常を離れ、家事の手を休めて子供たちに向き合えたことで、優しくなれたと感じました。

■持ち家があるため、移住は難しいが、今回の保養などでときど来たいと思います。

■子供と私の健康に不安があり、かつ私が自然のなかで農作業などをしてみたいこともあるので、移住・避難をしたい。

『親子でわんぱくキャンプ in 白州』 キャンセル待ちとなります ★終了しました

『親子でわんぱくキャンプ in 白州』にお申込みありがとうございました。
定員に達しましたので、以降はキャンセル待ちとさせていただきます。

なお、「親子でホームステイ in ほくと」は随時受け付けております。
よろしければ、こちらもご検討ください。

『親子でわんぱくキャンプ in 白州』 申し込み受付中 ★終了しました

たくさんのご応募ありがとうございます。
27日お昼ぐらいで一旦募集を打ち切りたいと思います。
お早めに申し込みください。

親子でわんぱくキャンプ in 白州(13.7.25~29) ★終了しました

親子でわんぱくキャンプ in 白州』

今年も親子キャンプを計画しています。
今回は里山の一軒家のログハウスの大部屋でみんなで寝ます。
親戚がみんな集まったような感じかもしれませんね。
例年水遊びは大好評。今年も川遊びしたいと思っています。

申し込み開始は、現地相談会を考慮して6月25日(火) 朝7時となっています。
最新の情報はこのブログでチェックしてくださいね。

現地集合またはJR小淵沢駅集合ですが、北杜市への交通手段についてはこちら↓を参考になさってください。
http://tsunagarunet43.blog.fc2.com/blog-entry-36.html


なお、交通費の補助が2万円から上限3万円へ変更になりました。(2013/6/19追記)


定員に達しましたので、以降はキャンセル待ちとさせていただきます。
なお、「親子でホームステイ in ほくと」は随時受け付けております。
よろしければ、こちらもご検討ください。(2013/6/28追記)


【日時】
 7月25日(木)~29日(月) 4泊5日
【場所】
  山梨県北杜市白州町
  * 南アルプスのふもと
  * 東京から特急または高速バスで約2時間
【申込開始】
 6月25日(火) 朝7時

【申込方法】
 メールまたはFAXでお申込みください
  ・全員の氏名・ふりがな・生年月日(保険加入用)
  ・お子さんの学年・年齢・性別
  ・ご住所
  ・電話番号
  ・メールアドレス
  ・あらかじめ伝えておきたいこと(アレルギーなど)
 ■メール
  tsunagarunet43@ybb.ne.jp
 ■FAX
  0551-20-7263
   *折り返しこちらから連絡します

【主催】
 4月3日のひろば 『つながるネット』


詳細は以下のチラシをご覧ください。
2013夏キャンプチラシPDF

20130725_camp.png


◆◆◆◆◆ よくあるお問い合わせ ◆◆◆◆◆

■ 大部屋ですが、早めに子供を寝かせてもいいですか?
  - はい、大丈夫です。体調などに合わせてゆったりと過ごせればと思います。2階が寝室で1階が主に活動する場所となります。2階はロフトのような感じで、1階の声が聞こえるので子供たちは安心して眠れるかもしれません。翌日も子供たちが元気に過ごせるよう、配慮したいとおもいます。


■ 北杜市の線量はどれぐらいですか?
  - 市民が測定して公開してくださっている情報があります。

    * 甲府の「いのち・むすびば」さん【土壌汚染】市民発山梨版・放射能汚染マップ
      ※ こちらのマップでは56番が北杜市白州町で畑の土はNDとなっています。
      http://inochimusubiba.blog.fc2.com/blog-entry-66.html


    * ほくと放射線測定誌 - 「4月3日のひろば」附設
      ※ 白州町で6/3は地表1mで0.1μSvでした。( 0.1mSv 2014/7/14修正しました)
      http://counting43.exblog.jp/


■ 子供の参加費は何歳からですか?
  - お子様は0歳から一律2,000円です。なお、交通費補助が上限30,000円ですので、合わせてご考慮いただければと思います。


保養・避難相談会 6/8-9(いわき・茨城、二本松),6/22-23(相馬・丸森、栃木)

今年も夏休みを前に、「311受入全国協議会」主催の保養・避難相談会が福島県とその近辺の4箇所で開かれ、つながるネットも参加します!
移住やキャンプについてもお話しできます。
ぜひご来場下さい。

6月8日(土)「いわき・茨城相談会」(14-18時開催)
6月9日(日)「二本松相談会」(10時-15時開催)
6月22日(土)「相馬・丸森相談会」(14-18時開催)
6月23日(日)「栃木県北相談会」(12-16時開催)
http://www.311ukeire.net/
【6月の相談会は4ヶ所で! 夏休み前の保養相談会】

----------------------

夏休みキャンプを中心として、保養・避難の相談会を開催します。

以下の日程・場所で4回開きます。

予約不要、参加無料、子どもスペースも作りますので、お子さん連れでご来場ください!


なお、どちらのご在住の方でもご参加いただけます。

たとえば、「二本松相談会」には、福島市や郡山市などからでもオッケー。

「相馬・丸森相談会」には、福島県南相馬市や宮城県角田市などからもどうぞ!


6月8日(土) 「いわき・茨城相談会」(14-18時開催)
  
小名浜公民館(福島県いわき市小名浜愛宕上7-2)
  
共催:いわきの子どもを守るネットワーク


6月9日(日) 「二本松相談会」(10時-15時開催)
  
二本松福祉センター(福島県二本松市亀谷1-5-1)
  
共催:NPO Earth Angels


6月22日(土) 「相馬・丸森相談会」(14-18時開催)

相馬市振興公社(福島県相馬市塚ノ町65-16)

協力:ふるうた建築、そうま・かえる新聞


6月23日(日) 「栃木県北相談会」(12-16時開催)

星ふる学校「くまの木」(栃木県塩谷郡塩谷町熊ノ木802)

共催:栃木県北保養実行委員会

---------------------------

親子でホームステイ in ほくと ★随時募集中

※受け入れ期間を延長しています!

homestay1.png

homestay2.png

pdfファイルはこちら↓
http://tsunagarunet43hiroba.web.fc2.com/43blog_files/homestay.pdf

※受け入れ期間を延長しています!

ガイドブック

◇市民が作った北杜市への移住・避難ガイドブック◇
   こちらでWeb版をご覧いただけます

※こちらのガイドブックは2012年2月が最終変更日であり、情報が大変古いものとなっています。
残念ですが、多くの特例措置は終了しております。
また、北杜市の住宅事情や当方の受け入れ態勢が整っていないため、移住相談への対応も難しい状況です。
大変申し訳ありません。

北杜市近辺の主な買物スポット

■ 直売所(地元の新鮮な野菜などが買えます)
・パノラマ市場(甲斐大泉駅下)
・小淵沢 道の駅(スパティオ隣)
びたみん市場(長坂駅前)
・農協 よってけし(長坂Jマートの下)
・白州 道の駅(国道20号沿い)
・オーガニックマーケット わらぴよ(清里国道141号沿い)
・まちこぶ(小淵沢駅前)
・武川町農産物直売センター(国道20号沿い)

■ 自然食品が買える店
・笹屋商店(小淵沢 篠尾郵便局隣) 0551-36-2307
・蔵屋グリーンズ(小淵沢小学校下) 0551-36-4789
・良味屋(甲斐大泉駅下) 0551-38-0464
・はっぴぃ(パン屋・高根) 0551-47-5139
・まちこぶ(小淵沢駅前) 0551-36-6636

■ スーパーマーケットなど
・きららシティショッピングセンター 0551-32-8111
・スーパーやまと 長坂店 0551-32-1188
・スーパーやまと 小淵沢店 0551-36-8111
・あぐりモール富士見 Aコープ 0266-62-2090
・西友 富士見店 0266-62-2410

■ 食料品・日用品の宅配
・生活クラブ生協 055-241-1641
・パルシステム山梨 0120-53-4400
・おうちCOOP(市民生協山梨) 0120-123-581

北杜市内の交通手段・通信状況・温泉など

交通手段
車:バスなどの交通手段が少ないため、どうしても車が必要になります。冬季(12月~3月)はスタッドレスタイヤが必須。

市民バス:本数が少なく、利用者も多くありません。路線図、運行時刻等は以下を参照。http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/komoku/kurashi/kokyokotsu/index.html


通信状況
住所によってはADSL回線、ひかり回線が使えないところがあります。個別にNTTにご確認ください。なお市営住宅にはケーブルTVが敷設されており、ケーブル経由でのインターネット接続も可能です。

温泉・レジャー施設等
北杜市では福島県全体を避難地域ととらえており、一部の温泉やレジャー施設では、福島の住所を証明できるもの(運転免許証など)を示せば優遇を受けられます。

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

プロフィール

tsunagarunet43

Author:tsunagarunet43
「4月3日のひろば 福島~山梨つながるネット」(山梨県北杜市)は福島第一原発事故の影響下にある方たちの保養や移住を支援しています。

メールアドレス:
tsunagarunet43@ybb.ne.jp



【 振込先 】
■ ゆうちょ銀行からの場合
「福島-山梨つながるネット」
ゆうちょ銀行 10860 10101051 
※ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方は、ATMからは手数料無料です

■ 他金融機関からの場合
「福島-山梨つながるネット」
ゆうちょ銀行
店名「〇八八」 店番「088」 普通口座「1010105」
※手数料有料



Facebookページ


4月3日のひろばブログhttp://space43.blog.fc2.com/

検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
Twitter

tsunagaru43 < > Reload

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。